So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

初秋の尾瀬に集う② [尾瀬ケ原]

DSC09286.jpg

山の鼻を出たのは15時近かったが,オフ会参加者は思い思いに撮影しながら龍宮小屋に向かう。
僕は,ヨッピ経由で向かうことにした。ヤマドリゼンマイの黄葉にはまだ早い感じだが,幸い霜が降りていないため,茶色の変色している所はほとんどなかった。しかし,ヤマウルシも少し色づき始めていたり,日差しもまだ残っているのであちこちで足止めされた。

到着は最後かと心配ながら龍宮小屋に着くと,horiguchiさん,薫さんが出迎えてくれた。てばまるさん,菊地さん,鉄まんアトムさんも既に到着しているようだ。
花見さんやお千賀さん,半田さん夫妻もやや遅れて到着し,オフ会参加者が全員揃った。
今回は小屋主さんを入れて11名。いつもよりちょっと少なめだ。

一緒に夕食をとっていてもいろいろ話は尽きない。
いつもなら夕食の頃は夕景色の撮影でのんびり談笑している余裕はないのだが,今日ばかりは余裕がある。・・・と思っていたら,鉄まんアトムさんが早々に食事を済ませカメラを担いで出かけていった。その後も天候は回復しなかったが,食事後の時間を尾瀬の夕暮れを見ながら過ごすのもまた贅沢な時間の使い方かも知れない。

そして,今回は少し早い7時頃から,食堂でのオフ会開始。
尾瀬の情報交換やSNSのことなどいろいろな事が話題に上る。
一番は尾瀬沼ビジターセンター建て替えのための周辺地区の工事が始まったことだろう。皆,驚き,悲しみ,憤っていた。このメンバーに限らず,尾瀬に興味関心がある人なら誰に聞いても,受け入れられるものではないことは疑いようもない・・・。
普通の宴会だと2時間は結構長く感じるが,楽しい時間はあっという間に過ぎ,気付くと消灯時間が近づいていた。
部屋に戻る前に外に出て上空を確認。所々に星は見えるものの星の撮影は厳しそうだ。
今夜は今日までの寝不足を解消することにするか・・・。(^^)

IMG_5021.jpg
【2日目の朝。この日は撮影は諦めていたが思わぬ贈り物に感謝。感謝。】

午前1時。ちょっと目が覚めたので外へ。雲は相変わらず尾瀬ヶ原上空を覆っていた。
安心して,また夢の続きを・・・。目覚ましに起こされるまでゆっくり休んだ。
午前4時30分。天候はあまり良くないが,てばまるさんたちは既に出発していた。
小屋を出る頃は,既に明かりがいらないくらいに明るい。十字路付近でオフ会メンバーも数人,撮影していた。それでも,何かパッとしない天気・・・。のんびり散策のつもりで歩いていたら,俄に東の空がオレンジ色に染まりだした。
ほんの数分でこんなにも急変するものか。急いでカメラをカメラを構え撮影する。
燧ヶ岳は山頂部をなかなか見せないが,雲が流れ幻想的な光景が広がっていた。
そして,この日は見ることができないだろうと思っていた朝の光が龍宮小屋の辺りからこぼれだした。
色づき始めたヤマドリゼンマイの黄葉が鮮やかだ。夢中で撮影しているといつの間にか光のない平凡な光景に戻った。これを朝食の合図と思ったかオフ会のメンバーも重い腰を上げ,小屋に戻る。

DSC09393.jpg
【少しずつ雲が切れ,光が漏れ出した・・・フォトジェニックな光景が広がる。】

撮影後の暖かい朝食を尾瀬仲間とゆっくりとる時間は,最も充実したひとときだ。
そして,食事後の語らいも・・・。そこに山の鼻からともさん,JUNさんも加わり,恒例の記念撮影タイム。
その後は和風さん達と一緒に食事をとるために9時過ぎには小屋を出て,山の鼻に向かう。
今日は,僕だけ通常ルートで山の鼻へ。歩いていると徐々に天候も回復し,時折日差しも出てきて暑いくらいだ。

DSC09382.jpg
【場所によって違いはあるが,ヒツジグサの葉も少しずつ色づき始めていた。】

山の鼻小屋に着くと,和風さん夫妻が待っていてくれた。
徐々に尾瀬仲間も到着し,和風さん夫妻との再会を喜んでいた。
食事後みんなでゆっくりと鳩待峠を目指した。
和風さんの顔色もすっかり良くなり,足取りもしっかりとして元気に鳩待峠に着くことができた。
到着した時の和風子さんの笑顔と涙が忘れられない。
今回のオフ会は龍宮小屋に集まった11名の他,和風さん夫妻,JUNさん,ともさん,こいちゃんを含め16名の方々と交流できた。天候にも比較的恵まれ,想い出に残るオフ会になった。

DSC09404.jpg
【アルビノのエゾリンドウ。今年も辛うじて咲いていてくれた。】

DSC09409.jpg
【ジョウシュウトリカブトの白と淡い紫のグラデーションが素敵・・・。】

DSC09343.jpg
【ヤマドリゼンマイもそろそろ本格的に色づいてきた。】

初秋の尾瀬に集う① [尾瀬ケ原]

DSC09139.jpg
【まだ紅葉シーズンには早く,鳩待峠は閑散としていた】

DSC09146.jpg
【今日いっぱいは何とか天気ももちそうだ・・・】

十数名の老若男女,年齢も性別も職業もそれぞれ異なる人々が日本のあちこちから集う。
共通点はただ一つ。尾瀬が好きである事・・・。
SNSもなく,各個人がホームページをHTMLを駆使して作成していた頃からこの会は始まった。
今年で既に12回目を迎えるオフ会。
来うメンバーは時々異なるけれど,集まっては尾瀬の話題で盛り上がる。

DSC09169.jpg
【山ノ鼻付近でお迎えの番頭さん。御世話様・・・】

DSC09187.jpg
【草紅葉もちょっと遅れ気味のようだがそろそろ見頃となってきた。】

DSC09195.jpg

DSC09220.jpg
【夏の雲と秋の雲のせめぎあい・・・】

今年も多くのメンバーが集う。今年も尾瀬仲間に会えるのを楽しみに出かけた。
しかし,当然ながら年々平均年齢が高くなり,病気等で体調を崩して欠席する方も増えつつある。
その中の一人,和風さんの病気は徐々に快方に向かい,久しぶりに尾瀬に来られることになった。
オフ会会場まで歩くのは困難だが,山の鼻までならと入山すると聞いていたので,それなら山の鼻で会いたいと考え,お昼頃に山の鼻に着くよう家を出た。

DSC09246.jpg
【やはり晴れた日の湿原歩きは爽快。爽快・・・。】

駐車場ではyouicさん夫妻,鳩待峠では和風さん夫妻,花見さん,お千賀さん,菊地さん,horiguchiさん,こいちゃんと次々と再会した。
皆,目的は同じ。時間まで指定したわけではないが,示し合わせたかのようにピッタリのタイミングで皆に出会えるとは・・・。
さすが尾瀬仲間の引き合う力は凄い。

DSC09262.jpg

DSC09266.jpg
【あちこちで「小さい秋」が進行中。】

研究見本園を散策して山の鼻小屋に向かう。既にメンバーは揃い,昼食中だった。
ともさんの顔も見える。そこにJUNさん登場。御池から東電小屋経由できたそうだ。
おなかも空いたので昼食を注文した。今回の選択は「牛丼」。ボリュームたっぷりだ・・・。

食べながらも,和風子さんの元気な声を聞きながら時間を過ごす。
オフ会にはこうでなきゃ。来年は他の方々も早く元気になって是非参加してほしいものだ。
その後ものんびり話をしてからオフ会会場の龍宮小屋に向かった。(②に続く・・・)

真夏の燧ケ岳 [燧ヶ岳]

DSC09088.jpg
前回の尾瀬から一か月以上が経ってしまった。今年は梅雨が長引き週末になると悪天とあって至仏山にも,キスゲのシーズンにも訪れていない・・・。
ワタスゲ,キスゲが当たり年なら多少天候が悪くても行くのだが,今年はそれほどでもないらしい。尾瀬に行き始めた頃は,行ってみて初めて今年は裏年だとか,花の見頃は過ぎてしまったとか分かり,一喜一憂したものだが,今はネットに情報が溢れている。情報化社会の良いところなのか,どうなのか・・・。それでも梅雨明けして,家に籠もっていると熱中症になりそうなくらい暑いので出かけることにした。

DSC09092.jpg
時期的に花はあまり期待できないので燧ヶ岳に登ることにした。
真夏の雪祭りで賑わう檜枝岐を過ぎ,御池に着いたのは11時頃。山頂を目指して歩き始めた頃は,雲一つない絶好の登山日和。御池からのルートは,段差が大きく歩きにくいが,森の中を歩くので日差しが遮られているのがいい点だ。
それでも気温が高く,少し歩いただけでも汗が噴き出す。広沢田代に着くとじりじりとした日差しが容赦なく照りつけ,肌が痛いほどだ。

DSC09098.jpg
熊沢田代に着く頃には,疲れと暑さで昼食もあまり食べたくなかったが昼食とっていると,燧ヶ岳付近に入道雲が広がりだした。高く,黒い雲の比率がどんどん高くなってきた。
帝釈山での落雷事故が頭を過ぎる。カーボン三脚やストックなど避雷針を着けながら歩いているので雷が鳴り出したら山頂付近では逃げ場がない。夕立はやり過ごしても星空も見れそうになかったので山頂での撮影は諦めた。
他の山小屋に泊まって撮影しようかとも考えたが今回はそのまま帰ることにした。
次の日ライブカメラを見ると夕方から早朝まで燧ヶ岳は雲に覆われていたようで,判断は間違っていなかったようだ。

RICOH THETA を購入して撮影してみました。これから尾瀬で使っていこうと思います。
https://theta360.com/s/3ij2JusP1acSBSqoFgMXa7toa
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


DSC09126.jpg
【雷様の予感! 寧ろ熊よりも怖いかも。クワバラ・クワバラ・・・】

DSC09131.jpg
【キンコウカも既に見頃は過ぎていたが,こちらもまた裏年だったようだ】

手筒花火 in 益子 [夏祭り]

IMG_2439.jpg

今年も益子町の祇園祭の催しの一つとして手筒花火が行われました。
祇園祭自体は江戸時代から続く伝統的なものですが,手筒花火が行われるようになったのは
今年で12年目。それでも人気はうなぎ登りで年々観客が増え続けています。
今年も大盛況でした。今年は予定があってほとんど見れませんでしたが益子町は凄い賑わいました。
写真も撮れなかったので前回撮影したものの中から紹介します・・・

尾瀬はこのところ天気が悪いし,キスゲもそれほど期待できないのでしばらく御無沙汰してしまいました・・・。 (^^;)
梅雨明けも近いし,そろそろ出かけたいな~。

夏至の頃・・・(2日目) [尾瀬ケ原]

IMG_4844.jpg
【↑↑↑↑↑ This is Gebbyakko(月白虹) ↑↑↑↑↑】

 星の撮影に向かない尾瀬だが,このところのマイブームで星の撮影をする機会が増えている。尾瀬に行く時も花の時期を選ぶことはもちろん,月の満ち欠けを考慮して尾瀬に行く日を決めることもある。今回は十三夜。月没が3時頃だったのでその前に起き出して僅かな時間でも星の撮影し,その前に月明かりでできる白い虹・月白虹(Aqua命名)の撮影ができるものならしたいと考えた。

 霧が濃く,光が強ければはっきりした月白虹になるのだが,スクリーンとなるべき霧がなければ虹はできないし,太陽や月の光が強く届くためには,霧は邪魔な存在なのだ。この相反する二つの条件が揃いやすいのがこの竜宮付近。地形的に霧が低い位置に垂れ込め,上空からの光が届きやすいためだ。
 撮影するとなるとさらに難しい。霧の濃淡によって背景となる風景が見えたり見えなかったりする。真っ白な白い虹だけが写ってもどこで撮ったか分からない写真になっってしまうので,背景が写ったほうがよいが,その加減が難しい。

IMG_4871.jpg
【↑↑↑↑↑ 至仏山の肩に沈む月の柔らかな光に包まれて・・・ ↑↑↑↑↑】

 2時頃に起床するとほどよい具合に霧が立ちこめ,月が低い位置で煌々と光を振りまいている。
急いで龍宮十字路付近にカメラをセットし,急いで撮影してモニターで確認すると・・・月明かりに照らされた月白虹が写っていた。おおお・・・。思わず歓声を上げる。それでも綺麗に写ったのはごく僅か。
 直に月は至仏山の方に沈んでいった。赤い色の光を放ちながら・・・。
月が沈んでも空は明るく,星の撮影はやはり無理そうだったので小屋に戻ってちょっと休憩する。

IMG_4920.jpg
【↑↑↑↑↑ 湿原も朝焼けの光を浴び,バラ色に染まる ↑↑↑↑↑】

 入り口付近で朝の撮影に備えて機材の準備をしているとhoriguchiさんが下りてきた。一緒に小屋を出たが,horiguchiさんはイモリ池,僕は下ノ大堀へ。
時間があれば逆さ燧の定番ポイントである上田代に向かうつもりだったが,時間的に余裕がなかったので下ノ大堀付近で撮影することにした。
 途中,上空がだんだん綺麗な色に染まり,少しだけ焼けた。そして迎えた日の出。もうすぐ夏至とあって太陽は燧ヶ岳の山頂付近から昇った。今日も一日暑くなりそうだ・・・。
 朝霧は思いの外,早く消えてしまったので白虹は見ることができなかった。
 小屋に戻って朝食にする。最近では珍しく,ほぼ定時に食事をとることができた。

DSC08995.jpg
【↑↑↑↑↑ 燧ヶ岳の山頂付近から昇る太陽・・・ ↑↑↑↑↑】

 次々に小屋を後にする人たちを見送り,小屋でのんびりしていると写真家の花畑日尚先生がやって来た。また,ヨッピ橋に向かう途中,写真家の新井幸人先生を先頭とするグループに遭遇。その中に花見さんの姿を見かけたので言葉を交わす。
 そして,東電小屋前を通り過ぎようとした時,何気なく中を覗くとまさかの薫さんが中で手を振っていた。もう出かけたと思っていたが,まだ出発していなかったようだ。
 御池に向かう途中,天神田代手前のベンチで休んでいると,その薫さんがやって来た。三条の滝を見てからきたそうだ。いつもながら何という早さ・・・。それでいていろいろな花をしっかりと見ているのには驚いた。

DSC09059.jpg

DSC09072.jpg
【↑↑↑↑↑ 今回の尾瀬で一番ワタスゲが見頃だったのは燧裏林道の湿原でした ↑↑↑↑↑】

 西田代,横田代,ノメリ田代・・・そして上田代。雲に覆われ日差しがないのは残念だが,どこも尾瀬沼や尾瀬ヶ原以上にワタスゲが綺麗だった。
 御池田代に咲く,尾瀬のどこよりも綺麗なレンゲツツジに見送られ,今回の尾瀬の旅は終わった。
前の5件 | -