So-net無料ブログ作成

懐かしき想い出 [裏燧・澁沢]

IMG_0166.jpg

渋沢温泉小屋は,昨年春の大雪による倒壊で,去年のうちに撤去され,この場所は既に更地になってしまったとか・・・
2008年,澁沢温泉小屋のご主人が交代するということで,この地でJUNさん主催のオフ会が開催され,1泊したのですがそれが最初で最後の宿泊となってしまいました。
山間にある宿で眺望はあまり良くないため撮影には不向きですが,小屋の傍を流れる渓流の音が寝ている間も響く,とても落ち着く宿で一回でお気に入りになってしまいました。
そこに荷物を置き,尾瀬仲間と一緒に澁沢の大滝へと足を伸ばし,夕食前に戻ると,小屋に近づくにつれイワナを焼く夕餉の香りが感じられ,夕食が待ち遠しかったのを覚えています。
山菜,キノコ,イワナなどの心づくしの夕食は格別でした・・・。

その後,合計3度その地を訪れ,写真は撮影したのですが泊まることはありませんでした。
こんなことになるならあと1泊だけでもしたかったです。
その後管理人は代わってしまったけれど,こちらも是非再建をして欲しいと願う山小屋です。

そして,今年は天神田代ルートも廃道となり,澁沢の大滝へはますます遠くなってしまったように感じます。澁沢の大滝が「幻の滝」にならないように願うばかりです。

そういえば昔のガイドブックや地図には澁沢~幻の大池(白沢ノ池)に向かうルートも載っていたのを思い出しました。今,幻の大池はどうなっているのでしょう・・・

IMG_0276.jpg
nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 8

hanami

私も宿泊したのはオフ会の時の一回だけでした。
楽しくて懐かしい良い思い出の中の宿になってしまいました。
by hanami (2016-10-09 23:47) 

Aqua

この季節になるとなぜか思い出してしまう懐かしい宿です。採算から言ったら再建は厳しいかも知れませんが,何とかならないかなぁ・・・
by Aqua (2016-10-10 15:24) 

pulsar

幻の大池(白沢の大池)の話は先代の星さんから川を渡るカゴ渡しの管理人さんが居なくなってそれで終わったそうです。私が持っている地図では澁沢ではなく小沢平から直ぐに只見川を渡るルートでした。

澁沢ノ大滝まではもう通行禁止ですのでもう幻の滝になってしまいました。
by pulsar (2016-10-10 20:22) 

てばまる

澁沢の大滝、いい滝なのでなんとか檜枝岐村でルートを管理してほしいものですね。沼の遊歩道なんて別に必要ないので!
幻の大滝。僕もずっと気になってる存在ですが、誰か写真とか持ってないかな~? 

by てばまる (2016-10-10 23:55) 

Aqua

JUNさん,てばまるさん,こんばんは。

ボクも古いガイドブックを探してみました。・・・ありました~。
よく見てみると,池の名前も今の地図に書いてある「白沢ノ池」ではなく「池ノ沢大池」となっていました。どちらが正しいのでしょう??? 池ノ沢大池へのガイドも写真入りで4ページにわたって丁寧に載っていました。(写真はモノクロで分かりにくいですが・・・)

「小沢平尾瀬口山荘の前を只見川に沿った道に入り,すぐに木賊沢を渡って只見川を右岸から左岸に渡るための篭渡しの所まで至る。ここが池ノ沢大池への入り口で「幻の大池」への指導標が打ち付けてある・・・」と書いてあります。JUNさんの仰るように小沢平からすぐに対岸に渡るようですね。

また,次のようにも書いてありました。
「篭渡しはゴンドラのようなもので,木の板がワイヤーに滑車2個で取り付けてあり,それに乗って綱を引き,自分で自分を対岸に引き寄せるようになっている。以外に力を入れずに渡れるし,それほど水面から高くないので軽いスリルを味わう程度で渡ることができる。・・・」
コースタイムは,小沢平(10分→←10分)篭渡し(1時間30分→←1時間)稜線(1時間30分→←1時間30分)池ノ沢大池

池ノ沢大池の存在自体,知る人もだんだんなくなっていくのでしょうね。澁沢の大滝が幻の滝になるのはまだ早すぎるような気がします。もう一度くらい足を伸ばしてみたいです。
by Aqua (2016-10-11 00:10) 

Aqua

見つけました・・・写真はほとんどリンクが切れているようですが。
でも,これってオフ会の行われた僅か3年前なんですね。そのころ渡しが残っていたんですね。

【奥只見 幻の大池(2005/9/17-18) 前編】
http://blog.livedoor.jp/castaway/archives/50103432.html
【奥只見 幻の大池(2005/9/17-18) 後編】
http://blog.livedoor.jp/castaway/archives/50120230.html
by Aqua (2016-10-11 01:20) 

てばまる

リンクありがとうございます。
なめほど・・・かなりの藪漕ぎになるようですね、あれから10年以上ですからさらに藪藪でしょうか。もう沢渡の籠も使えないかもしれませんね。道も不明瞭だと地図を頼りに行くしかなさそうですが、覆い茂ってるとGPSも狂いそうでスマホ地図は辛いか?
それでもちょっと興味津々ですね(^^;)

by てばまる (2016-10-11 10:38) 

Aqua

 これは沢登りの経験がないと厳しいのかも知れませんね。藪漕ぎのひどいのなんて経験したこともないし,それを聞いただけでも不安いっぱいです。
 でも,登山道って整備しないとどんどん荒れてしまうから,廃道になった道も同じ運命なのでしょうね・・・
by Aqua (2016-10-12 01:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0