So-net無料ブログ作成
検索選択

新緑眩い尾瀬を巡る(2日目) [尾瀬ケ原]

DSC05492.jpg

満月の尾瀬ヶ原を歩こうと起き出す。時間は1時30分。
月がライトがいらないほど煌々と辺りを周囲を照らしている。
風があるため湿原内に霧が漂う気配はない。歩き出すと足下がスルリと滑る。
霜が降りたようだ・・・ 竜宮十字路付近にカメラを構え,撮影を始める。
できあがった写真はどう見てもカラーバランスの悪い昼の写真だ。
思うような写真は撮れなかったが,1時間ほど撮影して小屋に戻る。

DSC05430.jpg
朝の撮影までまだ時間もあるし,ちょっと休もう・・・。この判断が間違いだった。
目覚ましは鳴ったようだが,やはり・・・。懸念した通り,寝過ごした。

ロビーではっちゃんに会った。kazuさんはすでに出かけたようだ。
小屋を出ると,至仏山上空は茜色に染まり,月がぼんやりと上空に浮かんでいた。
手持ちのカメラで撮影するが,あっという間にあの微妙なグラデーションもありきたりの色に変わっていく。
あの朝焼けも朝靄もないが,朝の十字路付近や下の大堀で撮影・・・。
ほぼピーカンの空で,後はどれだけ粘ってもそれほど変化もないと判断して小屋に戻る。
kazuさんやhoriguchiさんも同じ頃小屋に戻っていた。皆,考えることは同じようだ。
一緒に朝食を済ませ,ロビーでコーヒータイム。

DSC05459.jpg

DSC05504.jpg

多くの宿泊客を見送った後,horiguchiさん,kazuさんと出発していく。
部屋に戻り荷物をまとめ整理しているとラジオがなくなっているのに気づく。撮影の時に落としたらしい。
ラジオ探しながら下の大堀を往復するが,結局見つからなかった。上空には次々に絵になる雲が現れ,なかなか先に進めない。
温泉小屋に向かう途中,今年も凄いペースで尾瀬を巡っている薫さんに遭遇し, 情報交換。


DSC05522.jpg

DSC05555.jpg

東電小屋の周りのミズバショウは見頃を過ぎていたが,場所によって,花によって見頃を迎える時期が異なるため,そして,今年は気温がなかなか上がらないため,見頃を過ぎたと思っていたミズバショウが長い時間楽しめる。霜の害も少なくきれいな花も多い。
また,チシマザクラはちょうど満開状態。今年最後の花見を尾瀬で済ませることができた。
そして,今回の目的だったトガクシショウマとも再会を果たし,御池に着く頃にはかなり日も傾いていた。

龍宮小屋~下ノ大堀~龍宮小屋~東電小屋~赤田代~燧裏林道~御池(41,937歩)
nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 4

てばまる

尾瀬沼のチシマザクラもそろそろでしょうか?
天気次第ですが来週末はちょっと廻ってこようかと思ってます。
by てばまる (2017-06-15 01:11) 

Aqua

尾瀬沼のチシマザクラは場所によってかなり違います。もう一部,咲き出している場所もあるし,大江湿原入り口やいつもの場所はまだ固いつぼみでした。この2カ所に限っていえば,今週末ではまだ早いでしょうし,来週では遅すぎるのではないかと思います。
by Aqua (2017-06-15 02:21) 

kyon2

アクアさん
尾瀬ではお世話になりました。3時頃から下の大堀で撮影していましたが、私以外に1人だけでした。龍宮小屋を出る時にスリッパが一足あったので、てっきり出動しているものと思いました。
by kyon2 (2017-06-15 12:33) 

Aqua

ちょっとこのところ日頃の寝不足がたたってなかなか起きれないのですが,今度こそ気持ちを入れ替えてリベンジを果たしたいと強く強く心に誓いました。(^^;)
by Aqua (2017-06-15 23:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0