So-net無料ブログ作成

初冬の尾瀬空撮 【1】 [尾瀬ケ原]

DJI_0078_2.jpg

【尾瀬でドローンを使用して撮影をするにあたり,航空法等の法令を遵守し,各所への許可申請を済ませた上で撮影しております。】

今年は,夏の記録的な日照不足,そして秋の長雨と悪天続きだったが,
やっと訪れた好天の予報。しかも紅葉真っ盛りの10月の3連休。しかし,止むに止まれぬ都合で,秋の尾瀬行きを見送る。
このままシーズンオフを迎えるわけにいかない。尾瀬からの招待状を待つ日が続く・・・
そうこうしているうちに11月。尾瀬の山小屋は全て戸を固く閉ざした。ハズだった。
しかし今年は,長蔵小屋が沼尻の工事関係者への対応のため,営業期間を延長して11月5日まで宿泊客も受け入れるという。
ついに来た招待状・・・。天気予報もまずまずだ。週末毎に直撃した台風がもたらした新雪も多少は残っているはずだ・・・。

DSC06734.jpg
そして,今回の尾瀬での最大の目的は,何と言ってもドローンを使っての空撮だ。
オフ会の際に「AIR SELFIE」を持ち込んで遊んでいたが,尾瀬では役不足であることを実感した。
もう少し,まともな写真が撮れるものを探して購入し,練習を積んだ。その機種は「SPARK」。
今年発売の小型ながら高性能のドローンだ。NHK等で使っている物と比べたら足下にも及ばないが練習にはもってこいだ。荷物にならないのもいい。
各所にドローンの撮影許可申請を行い,何度も飛行練習をして,ドローンで尾瀬を空撮する日を心待ちにしていた。

DSC06737.jpg

前日の天気が良ければ,暗いうちから朝のうちに尾瀬に入ろうと思っていたが,朝のうちはあまり良くない予報だったので,朝一番のバスで戸倉に到着したてばまるさんと合流して,鳩待峠に向かった。森の中は前回の雪が所々に残り,それが溶け,凍り,とても滑りやすくなっていた。
途中で山の鼻でテン泊していた栗栖さんとすれ違う。ここでケガをしては元も子もない。慎重に,慎重に下る。
こんな時期に訪れる人も少なく,すれ違う人はほとんどいない。
どの山小屋もしっかりと雪囲いで覆われ,一層冬の寂しさを漂わせていた。
それにしても気になるのは風の状況。
これによっては最大の目的が達成できない可能性だってあるからだ。

DJI_0072.jpg

上田代付近のベンチでザックを下ろし,同じ頃に同じ機種を購入したてばまるさんとその時を待った。
風も少しずつ収まり,絶好のドローン日和。
しかし,緊張と興奮で最初の一歩がなかなか踏み出せない。しかし,ここで飛ばさないとたぶん飛ばせないと思い,意を決して初フライト・・・
まずは,安全策をとって真っ直ぐ上空へ。バッテリーは15分程度飛行可能だが,撮影・帰還の際の電力消費も考慮して早めに帰還させる。
バタバタして余裕なく,撮影してしまい反省だらけの初フライトだった。次いで,てばまるさん・・・
この後,horiguchiさんも加わり,一緒に下の大堀に向かう。

DJI_0121.jpg

撮影に良さそうな場所を探しながら,スマホを操作していて木道の間に落っこちた。幸い大事には至らなかった。尾瀬ヶ原を散策し,飛ばすことに対しての恐怖感はやや薄れ,三度ほどフライトを試みた。
「高度を上げると場所を移動しても画像に大きな変化はない。プランもなくただ飛ばすだけでは上空で戸惑うだけだ。」
その苦い教訓を得て,鳩待峠への道をゆるゆると辿った。

DJI_0124.jpg

nice!(10)  コメント(4) 

nice! 10

コメント 4

てばまる

今回、パノラマはことごとく失敗していましてガッカリです。180度のものは半分しか撮れてなくて手動合成も出来ません・・・ 
まだまだ修行を積まないと上位機種に移れませんね・・・
by てばまる (2017-11-09 01:48) 

鉄まんアトム

尾瀬のような立ち入りに制約が大きい場所では、ドローンの視点はもはや革命的ですね。改めて、上田代の箱庭のような景観に魅了されてしまいました。影至仏みたいな絵も空撮ならではですね。来年以降の本格運用がいまから待ち遠しいですね。
by 鉄まんアトム (2017-11-09 10:43) 

Aqua

>てばまる さん
 ぼくのパノラマは全て撮れていました。確かに風は強く不安はありましたが結構使えそうです。ひょっとして,フィルターが影響しているのかも知れませんよ?
 上位機種の方がより一層安定性も増しますが,携帯性が犠牲になるのがいたいです。デジイチを諦めるならファントムもありですが,上位機種を狙うとしてもMAVIC当たりまでかなぁ・・・
by Aqua (2017-11-09 18:14) 

Aqua

>鉄まんアトム さん
 以前,ヘリをチャーターしててばまるさんと空撮したくらいですから,二人とも空撮に興味を持ってはいたのですが,ドローンの登場によりそれがより身近になりました。
 立ち入りできない上空からの視点を得て,新たな世界が広がった感じがします。尾瀬の撮影においても革命的な機器です。でも,中国製である故,カメラ機能があまり良くない・・・
SONYやCanon等の日本のメーカーが作ってくれないかなぁ・・・
by Aqua (2017-11-09 18:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。