So-net無料ブログ作成

渡良瀬遊水地のヨシ焼き [季節の風物詩]

DSC08330.jpg
【あちこちから煙は上がるが大きな炎はそれほど上がらずやや迫力不足でした】

良質のヨシを育てたり,またラムサール条約湿地も登録された湿地に生きる貴重な動植物の生態系を維持するのがねらいでこの時期に行われているのが,日本最大の野焼きともいわれている「渡良瀬遊水地のヨシ焼き」。
空を焦がすかと思われるくらいの炎や煙が,1500haの広大なヨシ原に広がる様子は,春を告げる風物詩として人気で,以前から何度か写真を見たり聞いたりして気になっていたのですが,今回天気も良さそうなので行ってみることにしました。

DSC08276.jpg
【いよいよ着火・・・ 一気に煙が上空に昇ります】

例年5000~10000人程度の人出があるということで,混雑することは分かっていたけれど,いつものごとく出遅れてしまいました。
しかし,昨日雨がふったおかげで開始時刻は当初の8時30分よりも1時間遅れでスタートになったようでした。おお,ラッキー・・・。

DSC08339.jpg

DSC08345.jpg

空いている場所に車を止め,堤を歩いているとあちこちから煙が上がるのが見えましたが,炎はあまり上がらずやや期待外れでした。前日の雨でやや湿っていたのが災いしたのかも知れません。それでも時間が経つと煙が青い空に立ち上り,上空を覆うようになりました。雲は全くなく晴れているのに日食のように光が弱まる時間帯も・・・・。時折,風に乗って焼けたヨシの葉が空から降ってきました。

DSC08349.jpg

DSC08350.jpg

結局,炎は最後までそれほど大きくならず,思っていたよりもやや地味なヨシ焼きでしたが,今度はもう少し条件のいい時に行ってみたいと思います。
nice!(16)  コメント(0) 

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。