So-net無料ブログ作成

新緑眩い尾瀬を翔る【2】 [尾瀬ケ原]

11.jpg
【この時期の滝は雪融け水が大量に流れ込み迫力満点!】

【ドローンで空撮するにあたっては,関係各所で許認可を頂いてから撮影をしております。】

5月21日(曇りのち晴れ)
 今回も条件が良ければ星空の撮影もと考えたが,月が沈む深夜に空を確認すると,薄い雲に覆われ見える星も少ない上,湿原は霧に包まれている。星の撮影は諦め,明朝の白虹の登場を期待して休むことにした。

00.jpg
【もしかして・・・ 淡い期待を抱いたが,暫く曇り空が続いた】

 上空は薄いベールがかかり朝靄が漂うような状況が続くが,必要な機材を持って下田代に向かう。東の空は雲に覆われたままだが低い雲が徐々に色づき始めやがて最高潮に・・・。少しだけ漂う朝靄も上空の色を映して茜色に染まった・・・が良かったのはこの時まで。

0.jpg
【超定番ポイント傍のミズバショウ群落も見頃を迎えていた】

 太陽が昇る時間になっても一向に雲が切れる気配はなく,時間だけが空しく過ぎる。定番ポイントから離陸したドローンも僅かに残った朝靄を求めて右往左往するばかり。その朝靄もほとんど消え,変化のない風景に変わってしまったので龍宮小屋に戻り,時間に追われずゆっくりと朝食をとった。

2.jpg
【朝靄の尾瀬ヶ原をただあてもなくフリーフライト・・・ (^ ^;】

 今回の宿泊客は自分を含め6名程度。皆,早めに出発するが,たもあみさん夫妻と小屋主さんでコーヒーを飲み,天気の回復を待ちながらミニオフ。撮影に追われずのんびりと時間が過ぎる・・・。徐々に空も明るくなり,青空も見えてきたので出発することにした。そういえば尾瀬入りしたというyouicさんには会えなかったが何処に?。東電小屋に向かっていると,上空を覆っていた薄い雲も取れ,すっきりと晴れ上がった。東電小屋の神嵜さんに挨拶をしてから,トガクシショウマを見に行く・・・。今年は例年より時期は早いが,いつもの所でひっそりと待っていてくれた。

DJI_0323pano.jpg
【崖を滑るように流れる平滑の滝。下からでは全容がよく分からないけれど・・・】

 念願の花と再会を果たし,次はいよいよ滝の空撮だ~。この時期は雪融け水が多いから迫力もある。
 まず平滑の滝・・・。この滝は,斜面を這うように流れ落ちる滝のため,登山道からではその全容が分かりにくい。GPSで位置を確認して離陸・・・。只見川を行ったり来たりしながら撮影を続けるものの,ちゃんと戻ってくるのか気になって,撮影に身が入らない。最後は機体を見失い,ちょっとバタバタしてしまった。結局,ただ飛ばしただけで大きな成果は得られなかった。三条の滝でも同様で,途中でSDカードがいっぱいになってしまったり,設定を間違えたりするなど,普段ではしないようなミスが目立った。もっと落ち着いて撮影せねば・・・。

4.jpg
【そして,今回の最大の目的三条の滝空撮・・・】

 それでも,取り敢えず今回の目的は何とか達成できた安心感でちょっとほっと一息。遅い昼食をとる。あとは御池に向けて,誰にも会うことのない燧裏林道を黙々と歩き,陽が落ちる前に何とか御池に着くことができた。

龍宮小屋~ヨッピ橋~東電小屋~温泉小屋~平滑の滝~三条の滝~天神田代~御池
(39,192歩)
nice!(14)  コメント(2) 

nice! 14

コメント 2

てばまる

滝もイイですが雲海の尾瀬ヶ原も良いですね。ただ、あまり濃いと場所がわからなくなるので程よいのがよいですが・・・ 雲海なんて至仏山か燧ヶ岳からしか見れませんがドローンだと面白い映像が撮れますね。

by てばまる (2018-05-24 22:42) 

Aqua

朝靄が濃すぎると,尾瀬ヶ原は見えなくて,ただ燧ヶ岳と至仏山が浮かんでいるだけの映像になってしまうので,程よく薄いのが理想なんですけどちょうどいい具合になってくれる場所が少なくて困りました。
by Aqua (2018-05-25 01:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。