So-net無料ブログ作成
検索選択

初雪の尾瀬沼へ・・・(2) [尾瀬沼]

0R5A0092.jpg
夕食後部屋に戻りゆっくりしているといつの間にか眠ってしまい,気付くと11時を回っていた。
外の様子が気になり,窓から外を眺める。
雪は早々に止んでしまったようだ。その後積もった様子はなく,来た時とそれほど変わりは無い。
星は出ていなかったが,燧ヶ岳山頂は見えてたので天気は回復傾向にあるようだ。
もう少ししたら星が見えそうだ・・・。
次に目が覚めたのが3時。見上げたら満天の星空だ・・・
急いで必要な物だけを取りまとめ,長靴を履いて定番ポイントに向かった。

0R5A0128.jpg
誰もカメラを構えている人はいない。急いで三脚をセットして撮影開始・・・
数枚撮影しているとカメラを抱えた人がやってきて,近くにカメラをセットし始めた。
星の撮影に来ているはずなのに無神経にライトをつけて何度も周囲を照らしている。(>_<)
雲も出てきたし撮影の邪魔をされるのがいやだったので撮影ポイントを変えた。
次第に雲が増え上空を覆い始める。雲が動くのを待っていると,長蔵小屋から朝食の準備をが始めるための明かりが冬囲いの隙間から漏れ始めた。
なかなか思うような写真がとれないうちに星の数もだんだん減り,空も明るくなってきた。

ちょっと一休みしたくて,一旦小屋に戻る。
朝の風景を撮影するため再び外に出る頃は,周囲の様子がはっきり分かるようになっていた。
積雪は1cmもない。燧ヶ岳の山頂もほとんど積雪していないようだ。
焼けるのを期待して三脚を構えていると,山岳写真家協会の撮影ツアーのカメラマンが多数集結し,一気に賑やかになる。
しかし,高い所に薄雲が広がり,雲も燧ヶ岳山頂も焼けないままだんだんと空は明るくなってしまった。
残念だが,この後の天気の回復を期待して小屋に戻り,朝食をとる。

DSC09620.jpg
朝食,部屋の片付けと急いで済ませ,全ての荷物を担いで外に出る。
なかなか思うように晴れないので諦めて帰ろうと荷物を片付け始めた時,雲の切れ間から光が漏れ,燧ヶ岳にその影を落とす・・・。
慌ててカメラを構えてしっかり記録するが,感動的だったのはこの一瞬だけだった。
荷物を背負ったまま尾瀬沼周辺をウロウロと歩き回る。
長蔵小屋の目の前の林はビジターセンターの再整備が始まり,綺麗に伐採され更地になっていた。再開発という名目での自然破壊はあまりにも悲しい・・・ 
見慣れた林や樹木はもう戻らないと思うととても寂しくなった。

DSC09657.jpg
さらにこの先,どのように開発が進むのかと気を揉みながら,初雪に包まれたこの光景を目に焼き付け,初冬の大江湿原を後にした。
昨年は見ることができなかった尾瀬での新雪。今年は何とか見ることができたので一区切りはついたのだが,
もっと本格的な降雪を見てから,今年の尾瀬締めとしたい。
DSC09715.jpg

DSC09737.jpg
初冬の尾瀬沼から檜枝岐へ。
檜枝岐は秋真っ盛り。天気も回復し,全山燃えるように染まった紅葉が鮮やかだ。
あちこちで車を駐め,尾瀬ヶ原や尾瀬沼で楽しめなかった紅葉を味わいながら帰宅した。

DSC09763.jpg