So-net無料ブログ作成
検索選択

ワタスゲ揺れる尾瀬を歩く(3) [尾瀬ケ原]

DSC05935.jpg

 専ら疲れを癒やすことだけに使われた尾瀬の夜の時間は,最近では星や月夜の撮影に充てられることも多い。
この日は,夕方の天気も悪い上,ほぼ満月に近く星空の撮影は初めから期待できなかったので前日の寝不足もあってゆっくり休んだ。
3時過ぎに目を覚まして確認してみると,真っ白な濃い霧に覆われているものの,すっかり天候は回復しているようだ。
朝靄に包まれたワタスゲの尾瀬ヶ原の光景をカメラに収めたくてそのまま起き出して準備を進める。

415A0381.jpg
これだけ霧が濃いと白い虹も狙いたいので,撮影場所を何処にするか決めるのにも困ったが,結局牛首付近に向かうことにした。
いつもなら結構速いペースで霧は薄くなっていくのだが,この日はいつまでも濃い霧が周囲に立ちこめ動く気配がない。
このままではどこで撮影しても同じだろうと先を急ぐのをやめ,立ち止まっては撮影,立ち止まっては撮影を繰り返す。
そのうち霧の中から赤い光が漏れてきた。そして,朝の光が霧を,ワタスゲをオレンジ色に染め上げる・・・

415A0332.jpg

DSC05962.jpg
慌ただしく霧は動き始めたかと思うと,一気に薄くなってしまう。
さらにオレンジ色の光は徐々に強さを増し,自分の影が映るようになった。
もしかして白虹は・・・と周囲を探す。すると,アーチの下の部分は何とか見えたが,上空の霧は早々と消え,その全容を現すことはなかった。
この次の課題だなぁ・・・。諦めて目的だった牛首付近へ。

DSC05966.jpg

DSC05967.jpg
いつもなら,ワタスゲ群落といったらここなのだが今年は凄い時の半分程度。さらに朝露に濡れて全体的にやや迫力不足だ。
今,尾瀬から帰ってきて改めて思い返すと,今年のワタスゲの一番見応えがあったのは上田代だったように思う。
たくさんの咲き残ったズミの花とワタスゲとのコラボで湿原が白く染まる姿は印象的だった。
この日はさすがに上田代まで足を伸ばさなかったが,今にして思うと行っておくべきだったと後悔している。

DSC06003.jpg
今年4回の朝の撮影の中では条件的に一番良かったが,撮影に時間をかけ過ぎたようだ・・・。
急いで竜宮小屋に戻り,大急ぎで朝食を頂く。本当にいつもいつも・・・ m(_ _)m
荷造りを済ませ,しばらく小屋主さんや常連さんと話を済ませて小屋を出る頃は日も高くなっていた。今日も暑くなりそうだ。

DSC06047.jpg

DSC06072.jpg
あとは赤田代経由でのんびりと御池に向かった。
期待していた燧裏林道のワタスゲは,いつも以上に密度が濃かったが,まだ早かったせいか尾瀬ヶ原を上回るほどではなかった。
途中で急激に雲が湧き始め,雷鳴までしてきたのでちょっと焦ったが,最後まで雨に降られることはなかった。それにしても僅か2日で9万歩。よく歩いたもんだ。

竜宮~牛首分岐~竜宮~ヨッピ橋~赤田代~燧裏林道~御池 (40,093歩)