So-net無料ブログ作成

雪どけ水湛える尾瀬【1】 [尾瀬ケ原]

DSC08559.jpg
【鳩待峠の雪の上,5月の風に吹かれて鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいた】

 春の訪れが急ピッチな今年の尾瀬。ここに来てもそのスピードは全く変わらず,ついには5月2日には尾瀬沼も「沼開け」をしたという。史上最速だった2年前と大差ない状況だ。あれから2週間経ち,春先に見れる雪どけ水に覆われた尾瀬ヶ原を見たくて,開通したばかりの金精峠を越え戸倉を目指す。天候は目まぐるしく変わり,イロハ坂を上る頃は晴れていた空も,戦場ヶ原では強い風に煽られて,雪が横殴りに降っている。すると,てばまるさんから連絡が入る。少し遅れて鳩待峠に入り,山の鼻でテント泊するようだ。

DSC08556.jpg
【至仏山頂の真っ白な雪。吹き抜ける風も心地よさそう】

 戸倉に車を駐め,乗り合いタクシーで鳩待峠へ。GWだと言うのに意外にも少し閑散としていた。少し前まで悪天だったことやGWも明日が最終日であることが原因なのだろう・・・
 ほとんど雪の消えた鳩待峠からは,真っ白な雪を乗せ凜と聳える至仏山が見えていた。一足先に出かけて,山の鼻でてばまるさんを待つことにした。

415A0784.jpg
【山の鼻研究見本園の残雪。尾瀬ヶ原の残雪は山ノ鼻周辺が一番多い】

 山の鼻に向かう登山道の雪はほとんど消え,残り20~30%程度だが,これが踏み固められた上,凍って更に滑りやすいから厄介だ。テンマ沢に差し掛かる頃,端谷さんに出会った。撮影対象を風景から花の撮影にシフトし,デジカメで撮っているという。これも時代の流れか・・・。

DSC08584.jpg
【かなり雪どけも進み,間もなくここにもミズバショウの群落が見られる事でしょう】

 山の鼻にはそれほど人はいないが,常に人が出入りしていて落ち着かないので,研究見本園で小休止を兼ねて食事を取る。ここでてばまるさんと合流して龍宮に向かう。2週間前あれほどあった雪はほとんど消え尾瀬ヶ原の木道はすっかり出て,残雪は山ノ鼻周辺に僅かにあるだけだ。下ノ大堀のミズバショウももう咲き出し,一週間から10日もすれば見頃になりそうな気配である。

DSC08638.jpg
【思っていたよりも水量の少ない尾瀬ヶ原湖。良い条件に巡り会うのはなかなか難しい】

 途中,花見さん御夫妻に出会った。昨年11月の尾瀬沼以来である。ケガの経過も順調で,今年の初尾瀬を待ちきれずに今回来ることになったようだ。少し情報交換をして龍宮小屋へ。その前に気になる長沢のミズバショウを確認する。群落も小さく,花も小ぶりでいまいち迫力がない。さらに楽しみにしていた空撮も,風が強くここまで飛ばせていない。う~ん・・・・
てばまるさんと小屋主さんを囲んで,しばし談笑タイム。その後,夕食時間になり,てばまるさんは山の鼻に戻った。

DSC08644.jpg
【下ノ大堀の超定番ポイント。間もなくここも見頃になりそうです。今年は早い】

ボクも食事後,風が少しだけ収まったのを確認して今日の初ドローン。上空から黄昏れていく尾瀬ヶ原を眺めた。20分程度の飛行が終わる頃には寒くなってきたので,小屋で温かな風呂に浸かってゆっくり休んだ。今日は夜半から月夜だし,無理に起き出して星を撮らなくてもいいかな・・・
【2日目に続く】
nice!(12)  コメント(0)