So-net無料ブログ作成
検索選択
尾瀬関連 ブログトップ
前の5件 | -

檜枝岐歌舞伎の夜 [尾瀬関連]

DSC06136.jpg
【 明治26年の大火で消失,明治30年に再建された歌舞伎の舞台】

 連続降雨記録や日照時間の最低記録を更新しそうな8月。ついつい出不精になりがちだが,かねてから一度は見たかった檜枝岐歌舞伎を見たいと思い出かけた。
 午前中の雷雨があり,午前中予定していた帝釈山から田代山の縦走を延期し,車で銀山湖までドライブして歌舞伎の開始時刻を待った。午後にはその激しい雨もすっかり上がった。雨でも上演されるというが,歌舞伎鑑賞にはちょうど良い条件となった。

DSC06143.jpg
【徐々に村の人や観光客が集まる境内の入り口】

DSC06146.jpg
【薄暗くなる頃,1200人は入れるという会場も超満員になった。】

 檜枝岐歌舞伎は約270年以上も前の江戸時代から受け継がれた歴史のある奉納歌舞伎である。通常5月12日,8月18日,そして最近では,9月の第1土曜日の計3回実施される。開演は7時からだが,1時間前から開場となる。

DSC06148.jpg
【まずは,「寿式三番叟」から始まる】

415A0473.jpg
【今回の演目は,「一之谷嫩軍記」】

 境内入口には開場前から行列ができているが思ったほどの混雑ではない。入口で団扇やウレタン製の小さい座布団を受け取り境内へ。夕闇が徐々に深まっていく中,開演を待つ時間は,その昔から延々と上演され続けた当時の雰囲気を伝えている。この独特の雰囲気の中に身を置くことの心地よさを感じる・・・

DSC06160.jpg
【「千葉之家花駒座」の人たちの熱演】

 徐々に辺りは暗くなり,照明に照らされた舞台が浮かび上がる頃,舞台清めの「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」で幕が開く。今年の演目は,「一之谷嫩軍記」(いちのたにふたばぐんき)須磨浦の段。最初に簡単な説明もあるので内容も分かりやすかった。毎回,演目は変わるそうだ。仕事をしながら歌舞伎の練習に励む村の「千葉之家花駒座」の人たちの熱意には,ただただ頭が下がる。
充実した時間を過ごした後は,「燧の湯」でゆっくりして明日に備える。

i7_7d3afd5e7ca72bf3-photo(小).jpg
【開演時間が迫る。会場は既に超満員・・・】
nice!(8)  コメント(0) 

第21回 NHK「わたしの尾瀬」フォトコンテスト [尾瀬関連]

DSC06414.jpg

 今年もNHK前橋のホームページに,第21回NHK「わたしの尾瀬」フォトコンテストの結果が発表されました。
今回も尾瀬仲間が大勢入賞・入選を果たしていました。皆さんおめでとうございます。
僕も何とか選んでいただきました。速報はこちらです。
http://www.nhk.or.jp/maebashi/oze/oze21_sokuho.html
 いつもは週末に選考が行われ週の初めには速報が発表されるのですが,今回は今日発表になりました。しかし,家に帰ってみるとNHK前橋から通知が届いていました。速報の発表が遅かっただけのようです。

今回入選された知り合いの方(HP発表順)
【風景の部】
 [ 銀賞 ] 「躍動する朝靄」Aqua(有馬 雅美)
 [ 入選 ] 「雲海に漂う牛首」kazu(小泉 和広)さん
 [ 入選 ] 「残雪期の夕映え」hanami(平居 久美子)さん
 [ 入選 ] 「目覚める尾瀬ヶ原」youic(半田 容一)さん
【動植物の部】
 [ 入選 ] 「早春謳歌」かおる(佐藤 薫)さん
【人の部】
 [ 入選 ] 「念願の尾瀬で金婚!!」和風子(高橋 由紀子)さん

前回同様,オフ会などに御一緒された方だけを紹介させていただきました。
僕の応募作品は,上掲の昨年7月,至仏山の解禁を待って高天ケ原から撮った写真です。
至仏山から眺める朝靄は,いつ見ても感動的ですが,この時の動きは生き物のように動いていてとても印象的でした。
今回もこのような素晴らしい賞を頂いて大変ありがたいです。

高崎シティギャラリーでは,
12月9日(金)~14日(水)[午前10時~午後5時,最終日は午後4時]まで今回の入選作品の写真展があります。
尾瀬の仲間に会ったり,大伸ばしされた作品を見たりすることができるのでそちらも楽しみです。
都合のつく方は,是非会場に足を運んでください。m(_ _)m

「わたしの尾瀬」フォトコンテスト写真展 [尾瀬関連]

DSC00019.jpg
第20回 NHK「わたしの尾瀬」フォトコンテストの授賞式・写真展,
そして尾瀬フォーラムに行って参りました。

 授賞式前に早めに行き,ゆっくり写真展を見てから昼食をとってから授賞式に出ようと思っていたのですが,会場に着くとkazuさん夫妻や花見さん,鉄マンアトムさん,youicさんなど多くの尾瀬仲間にお目にかかることができ,話に花を咲かせるうちに授賞式の時間になってしまいました。
 授賞式の厳かな雰囲気に,そして,記念すべき20回目となるフォトコンテストで素晴らしい賞を頂き,久しぶりに緊張してしまいました。その後,今井先生の作品解説があり,授賞式は終了。

DSC00024.jpg
 いったん,会場外に出ると龍宮小屋の澄夫さんや薫さん,ともさんたちにもお会いすることができました。もっとゆっくり話したかったのですが,その後,尾瀬フォーラムに引き続き参加しました。
 今年は田部井さんがいらっしゃるとあってフォーラムは大盛況・・・。会場はほぼ満員の人で埋め尽くされました。新井先生と田部井さんの楽しいお話や尾瀬のスライドであっという間に時間は過ぎてしまいました。

 その後,懇親会があり,今回のコンテストの受賞者の撮影時の話を聞いてきました。それぞれの尾瀬に対する思いを実感した一日でした。

DSC00048.jpg

第20回 NHK「わたしの尾瀬」フォトコンテスト [尾瀬関連]

DSC06565.jpg

今年も早々に,第20回NHK「わたしの尾瀬」フォトコンテストの結果が
NHK前橋のHP上に発表されました。
今回も尾瀬仲間が大勢入賞・入選を果たしていました。皆さんおめでとうございます。
僕も何とか選んでいただきました。速報はこちらになります。
http://www.nhk.or.jp/maebashi/oze/oze20_sokuho.html

今回入選された知り合いの方(HP発表順)
【風景の部】
 [ 金賞 ] 「稜線を越える滝雲」 Aqua(有馬 雅美)
 [ 銅賞 ] 「早春の夜明け」 hanami(平居 久美子)さん
 [ 銅賞 ] 「満天の星降る夜」 kazu(小泉 和広)さん
 [ 入選 ] 「春雪昇陽」 youic(半田 容一)さん
 [ 入選 ] 「大江湿原」 yatoyama(鈴木 良信)さん
 [ 入選 ] 「天空夕照」 鉄まんアトム(広田 博志)さん

この他にも,たくさんの尾瀬の知り合いの方が入選されていましたが,
今回もオフ会などに御一緒された方だけを紹介させていただきました。
僕の応募作品は,上掲の今年8月,会津駒ケ岳オフの時に撮った写真です。
奇しくも2年連続で会津駒ヶ岳の作品が選ばれたことになります。
清々しい朝の空気と絶景を見た上に,さらに賞もいただいて大変ありがたいです。

高崎シティギャラリーでは,
12月11日(金)~16日(水)まで今回の入選作品の写真展があります。
尾瀬の仲間に会ったり,大伸ばしされた作品を見たりすることができるのでそちらも楽しみです。
都合のつく方は,是非会場に足を運んでください。m(_ _)m

また,今年は尾瀬保護財団の設立20周年に当たるため記念シンポジウムが12月19日に開かれますが,
その会場にも今回の作品の一部(50点)が展示されるようです。
詳しくは以下の尾瀬保護財団のHPへ。
https://www.oze-fnd.or.jp/archives/69042/

尾瀬幸景 「原の移ろい」 [尾瀬関連]

img016.jpg

 尾瀬仲間の端谷明巳さんの写真展に行ってきました。
テーマはタイトルにもあるように,尾瀬幸景「原の移ろい」です。
尾瀬が原にこだわり,そしてフィルムでの撮影にこだわって撮った35点の端谷さんの尾瀬が会場に並んでいました。
尾瀬ヶ原ではお目にかかることも多かったので,「これはあの時の写真かな?」などと
思い当たる写真もありました。
尾瀬の写真は数多く見てきましたが,新鮮な視点での写真も数多くあり,勉強になりました。
写真を見ているとyouic夫妻もいらっしゃいました。
一時間ほどゆっくり写真を見て尾瀬に行った気分に浸ってきました・・・。

この写真展は4月30日(木)まで富士フィルムフォトサロンで行われています。
もし,御都合がつく場合は,是非会場を訪れてみてください。

IMG_0044.jpg
会場内は「撮影禁止」ですが,許可証を借りて会場の様子を撮影させていただきました。

前の5件 | - 尾瀬関連 ブログトップ