So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

紅に染まる至仏山 [至仏山]

1.jpg

 残雪期の植生保護のため5月7日から6月30日の間,至仏山登山道が閉鎖される。ここ数年少雪傾向だったが,今年は残雪も多めなので,できることなら閉鎖になる前に登っておきたいと考えていた。GW前半は不安定な天候が続き,チャンスはなかなか訪れない。やっと,後半に良い予報が並んだ。ここで行かないと次は7月だ。

 朝陽に染まる至仏山が見たいと思い,前日に家を発って鳩待峠で仮眠することにした。睡眠時間僅か1時間足らずで車を出ると満天の星空が広がる。月もなく,蠍座も天の川も頭上に横たわっていた。

4.jpg
【朝の柔らかな光を受けて輝く至仏山の残雪】

 暗い道をライトの光だけを頼りに進む。月明かりはないものの,残雪があるおかげで地面の様子もほぼ一定だし,夜だと気温も低く雪も締まりアイゼンがよく効く。他の時期よりも寧ろ歩きやすいくらいだ。まだ,広葉樹林帯の葉も茂っていないから,枝の隙間から垣間見える星空を望ながら登れるのは心強いし,楽しい。しかも雪面からの照り返しもなく快適に登れる。ただ,この時期は,道迷いと滑落には十分注意が必要だ。

5.jpg
【朝陽に染まる小至仏山から笠ヶ岳に続く稜線】

 先週,尾瀬を歩いたばかりなので,それほど疲れを感じないままオヤマ沢田代に着く。既にヘッドライトも必要ないくらい明るくなっていた。所々にある道迷い防止の赤い布を見落とさないように気をつけ,高さを稼ぐ。夏だと大小の岩を乗り越えたり,濡れて滑る木道を恐る恐る歩いたりするなど,状況に合わせて歩く必要もあるが,今はひたすら単調な雪の傾斜を修行のように進むのみ・・・。もうすぐ小至仏山という辺りで燧ヶ岳のかなり右の方から太陽が顔を出した。

6.jpg
【春眠暁を覚えず・・・ 上越・越後の山々も眠たげです】

 ザックが転げ落ちない場所を選んで荷物を置き,空撮の準備を進める。暁の空に新ドローンMAVIC2が飛び立つ。多少の風にふらつくこともなく,安定して飛んでいるのは心強い。太陽の光が強くなるにつれ,至仏山の残雪が徐々に紅に染まっていく。GW中に多数のスキーヤーが刻んだシュプールも繊細で緩やかな絹のような凹凸もはっきりと分かる。降雪直後ならもっと綺麗で残雪たっぷりの至仏山を撮影できたと思うが,これだけでも十分すぎるくらい美しい。小至仏山まで空撮できたら帰ろうとも思っていたが,暫く残雪期の至仏山に登っていなかったし,時間もあったので山頂を目指すことにした。

8.jpg
【平ヶ岳遠望】

 小至仏山頂を巻くように付けられた狭い登山道をアイゼンを引っ掛けないように注意しながら慎重に進む。鞍部からは夏道と違い,右寄りの雪の上の道を歩く。花はもちろん咲いていないので楽しみは少ないが,歩きやすさから言ったら夏道よりもずっと上だ。全く人と会うこともなく山頂に到着。この日の最初の登頂者となった。

10.jpg
【燧ヶ岳と至仏山のコラボ】

 暫く貸し切り状態で,山頂からの眺めを独占した。雲一つ無い空,眩しい光に輝く残雪たっぷりの尾瀬ヶ原,耳を澄ますと聞こえるウグイスの声・・・ この至福の時間を思う存分味わった。GWも残り2日。休み明けに備えて今日は登山者は少ないのかなと思ったが,徐々に山頂に人が溢れてきた。最終的にはこの日は100人ぐらいの人が入れ違いに山頂を目指した。山頂からも数回空撮をしたあと,朝食をとって早めに下山した。

DSC00088.jpg
【トカゲ岩付近からの尾瀬ヶ原。既に池塘周りは変色が始まっています。】
【ここに掲載している空撮画像撮影にあたり,関係各所への連絡し承認を頂いております】
nice!(20)  コメント(0) 

新雪に覆われた春の尾瀬【2】 [尾瀬ケ原]

DJI_0009_0059.jpg
【降ったばかりのフカフカの雪に朝の柔らかな光が当たる】

夕食後も雪は激しく降り続け,一晩だけでも10cm位は積もったようだ。一度,尾瀬沼で春の雪に降られて歩くのもままならない事はあったが,尾瀬ヶ原ではほとんど記憶にない。
その雪も午前2時頃には上がり,上空には下弦の月や星が輝いていた。朝が楽しみだ。宿泊者は多かったが明るくなっても小屋が静まりかえっていたので,やや寝過ごした。

DJI_0020.jpg
【光が湿原を照らし出すと,一気に息をのむほどの美しさに変わる】

今回のお目当ては,綺麗な雪原を上空から新ドローンMavic2で撮影することだ。NHKが取材で使うFantomレベルの映像も撮影できる優れものだ。
小屋を出ると目の前に広がるのは,踏み跡もほとんどない,穢れのない真っ白な湿原。しかし,雪は止んだものの山頂は雲に隠れ,星が瞬いていた空は雲に覆われて時折雪が舞っている。これぐらいなら空撮はできそうだ。離陸すれば何処にでも行けるので何処で離陸するかはあまり意味をもたないが,一眼で撮る場所も考えないといけないので,辺りをウロウロと歩き回る。

DJI_0022_0350.jpg
【昨日の雪が残雪の汚れや凸凹を覆い隠し,厳冬期さながらの光景を見せてくれる】

取り敢えず下ノ大堀川の傍らに荷物を置き,フライトを始める。飛ばし始めると急に湿原が明るくなる。
東の空の雲の切れ間から漏れた光が真新しい真っ白な雪の上に降り注ぎ始めた。
太陽の柔らかな光が凹凸のない絹のような雪面が浮かび上がらせる。湿原や池塘のほとんどは雪の下で,葉を落とした拠水林と雪どけ水を湛え湿原を流れる川の流れが目立つ。
ふと,地上に目を遣ると逆光に降ったばかりの雪がキラキラと輝く。
やはり無理をしてでも来て良かった・・・。

DJI_0039_0108.jpg
【大型連休中とあって,新雪を踏んで続々と人が入山してくる】

その後は暫く龍宮小屋に長居をして,10時過ぎにやっと小屋を後にした。
時間と共に雲も取れ,徐々に気持ちよい青空が広がる。暖かくなって埋まったり,滑ったり,踏み抜いたりと時間と共に歩きにくくなっていたが,木道にとらわれず,自分の決めたルートで行きたいところを自由に移動できるのは,この時期ならではだ。
普段見ることのないアングルから見る至仏山や拠水林をたくさん撮影して下山した。

DJI_0047.jpg
【葉を落とした拠水林越しに雪どけ水を湛えた川の流れが窺える】
【ここに掲載している空撮画像撮影にあたり,関係各所への連絡し承認を頂いております】
nice!(15)  コメント(2) 

新雪に覆われた春の尾瀬【1】 [尾瀬ケ原]

12a1823b9c87a820-photo.jpg
【↑↑↑↑↑ どこを見ても真っ白け。完全なるホワイトアウト状態 ↑↑↑↑↑】

4/27~28の尾瀬ヶ原歩きの様子を日記風にまとめました。
他にもいろいろ情報発信していますが,次のように分けてUPしています。かぶる部分も多いですが,それぞれのページも御覧ください。
27日は猛吹雪でほとんど写真が撮れなかったため,28日の写真がほとんどです。
■リアルタイムな情報・速報は「facebook」
https://www.facebook.com/masami.arima.94
■日記などは「Blog(ブログ):【水のふるさと尾瀬】」
https://oze-mugen.blog.so-net.ne.jp/
■尾瀬や他地域の過去の記録やサイト全体の情報などは「ホームページ:【尾瀬夢幻】」
http://www.arima.jp/

DSC09993.jpg
【↑↑↑↑↑ 朝一番の光を受けて,低い雲が薄紅色に染まる ↑↑↑↑↑】

 いよいよ「平成」の時代も終わりを迎える。そして迎えた大型連休。混雑必至の尾瀬にわざわざ混むと分かっていて出かける必要はないだろうと逸る気持ちにブレーキをかけていたのだが,いつの間にかアクセルを踏んでいた。単なるブレーキとアクセルの踏み間違えとかではない。(^^;
その原因は尾瀬の天候だ。4月も間もなく終わろうとするのに尾瀬には一日中「雪」の予報が出ていたのだ。厳冬期さながらの無垢の雪原,クリスマスツリーのように新雪を纏った拠水林,太陽の光を浴びてキラキラ輝く樹氷などの光景が頭を掠める。いつでも行ける,けど,厳冬期級の綺麗な尾瀬を見たかったら今しかないのだ・・・。

DSC00009.jpg
【↑↑↑↑↑ 太陽が昇る頃にちょうど光り輝く下ノ大堀川 ↑↑↑↑↑】

 取り憑いた思いを払い切る事ができず,いつしか車は吹雪の鳩待峠にあった。この時期の尾瀬は,期間限定の春スキーのメッカでもあるし,景鶴山登山を目指す登山者で人気の山域ではあるが,吹雪の日の登山者は流石にそれほど多くない。

DSC00011.jpg
【↑↑↑↑↑ 吹雪も止んで穏やかな朝を迎えました。もう少し早く晴れてくれたらなぁ・・・ ↑↑↑↑↑】

 山小屋への到着時刻が心配だったが,出発に手こずり,鳩待峠の出発が遅くなってしまった。車外に出ると,凄い風に乗って雪が体にたたきつける。なごり雪などと言う生易しいものではなく,ゴーグルなしでは目も開けていられないほどの猛吹雪となって顔に当たる。
林内に入ると少し風は収まるが,風を切る音が頭の上を激しく行き交う。しかし,登山道は踏み固められ滑りやすくなった残雪期のそれではなく,降ったばかりの粉雪の感触を楽しみながら,蹴散らしながら進む。
人の気配もない寂しい林内歩きが続くが,山の鼻が近づくと急に活気付く。30張はあるだろうか。山スキーを楽しむ人たちがテントを張って夕食の準備に追われていた。しかし,ここでのんびりしている訳にはいかない。

DSC00026.jpg
【↑↑↑↑↑ 太陽に懸かる日暈(ハロ)と環水平アーク ↑↑↑↑↑】

 真っ白な雪道を夏には木道がある辺りを手探りで進むが,降り積もった雪が強風で吹き飛ばされ,人が歩いた痕跡さえ消し去ってしまう。
降ったばかりの雪が激しく舞い,空と地表の境目も分からない。近くのダケカンバや遠くの拠水林が朧気に見えるだけである。いわゆる「ホワイトアウト」の状態だ。
少し歩いて携帯のGPSで場所を確認すると,強風に煽られていつしか右寄りのコースを歩いていたようだ。
ちょっと下ノ大堀橋を見つけるのに時間がかかったが,やっと見つけて,何とか今日の宿泊地龍宮小屋に到着した。
懐かしい面々にお目にかかることができて正直ホッとしたが,遅い到着となり,小屋の方々に心配・迷惑をかけてしまったのは大いに反省しなくては・・・。

DSC00040.jpg
【↑↑↑↑↑ あちこち残雪で覆われているため何処でも自由に歩けます ↑↑↑↑↑】
nice!(14)  コメント(4) 

平成の宿題完遂計画・最終章 「初冬の空を行く」 [尾瀬ケ原]

ついに昨年の空撮の編集が終わりました・・・

2018年12月2日。新雪が降り,澄み切った12月の尾瀬の空に飛び立ちます・・・
これから降り積もる雪が根雪となって,眠りにつこうとする尾瀬をアヤメ平から眺めました。
新雪で覆われたアヤメ平から見るモルゲンロート。上空からは尾瀬ヶ原や遠くの平ヶ岳・新潟の山々もオレンジ色に染まる様子が見えます。
時間と共にその範囲は広がりを見せるが,その色は徐々に失われていきます・・・
【空撮に当たっては関係機関に連絡・承認を得て撮影しております。】


nice!(9)  コメント(0) 

平成の宿題完遂計画・第4弾 「晩秋の尾瀬を飛ぶ」 [尾瀬ケ原]

昨年の空撮動画を編集してお届けする,平成の宿題完遂計画・第4弾。
10月22~23日の晩秋の尾瀬を撮影した「晩秋の尾瀬を飛ぶ」です。

この2週間前尾瀬ヶ原の木道で転倒し,荷物を小屋に預けて下山しました。
その後,体調が改善したので荷物を取りに戻った時に撮影したのがこの動画です。
全く素晴らしい大霜で10m以上もあるカラマツの木の先端まで霜でびっしりでした。

【空撮に当たっては関係機関に連絡・承認を得て撮影しております。】


nice!(12)  コメント(2) 
前の5件 | -