So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

12月のアヤメ平から [アヤメ平]

DJI_0024_0141.jpg
【生まれたての光に包まれるアヤメ平】

12月2日。日帰りでしたが,色々撮影できて満足できる2018年の「ラスト尾瀬」となりました。
その時の様子をいつものように日記風にまとめました。

12月2日[快晴]
新雪が降った上,快晴が予想されるこれ以上ないくらいの初冬のアヤメ日和・・・
にもかかわらず拠ん所ない事情により見送らざるを得ない状況に置かれた所に,尾瀬仲間のアヤメ平からの眩い画像が届く。前回の尾瀬が「ラスト尾瀬」のつもりでいたが,チャンスがあるなら,行ける時に行っておこうと気持ちが揺れる。週末は晴れの予報か・・・しかも,その直前まで雪が降るようだ。新雪たっぷりのアヤメ平が呼んでいた。

415A1241.jpg
【三日月の光に照らされる富士見池。新雪が淡い光に輝いていました。】

「まだ行けるかも」と出しっ放しになっていたリュックに最小限の荷物を詰め,前夜に出かけた。
金精峠を越えると道路は真っ白。願ってもない状況だ。あとは日の出前に天気が回復するかどうかだ。富士見下には全くと言っていいほど雪は積もっていない。歩き出すにはありがたい・・・。

415A1242.jpg
【夜明け前のアヤメ平。東の色が徐々に茜色に染まっていきます。】

先週アヤメ平に向かった尾瀬仲間か,先行者のトレースを期待したが,目の前に広がるのは一面の新雪。代わりに道案内するかのように付けられたウサギや小動物の足跡が多数。所々にシカが落ち葉を掘り返したような所もある。積雪は,富士見小屋付近でもこの時期としては驚くほど少なく15~20cm程度しかなく,おかげで一人のラッセルも楽々。

415A1254.jpg
【ビーナスの帯は東の空に雲があったため半分だけ・・・】

問題はここから先だ。
木道が雪で覆われ足の置き場を間違えると,雪に嵌まって動けなくなる。道を探りながら慎重に進む。
漸く到着した富士見池。空には満天の星,そして地上でも三日月の光を受け降ったばかりの雪がキラキラと輝く。此処で30分ほど星の撮影を試みる。じっとしているとやはり足下から冷えてくる。気温は-10℃。

DSC00442.jpg
【アヤメ平に日が差すと自分の影が映ってしまうのでこのアングルにならざるを得ません。】

DJI_0027.jpg
【モルゲンロートのアヤメ平と燧ヶ岳】

日の出前にアヤメ平に着きたい。が,なかなか思うように進まない。夏なら10分程度の道が倍以上の時間をかけてアヤメ平に到着。のどの渇きを覚え,ペットボトルのふたを開けると,中身はシャーベットドリンクに様変わり。
撮影の準備をしながらその時を待つ。期待のビーナスの帯は東にあった雲に光が遮られ見れるのは東側半分程度。ちょっと残念だが,少し待っていると雲が移動し至仏山やアヤメ平もオレンジ色の光で満たされた。

DJI_0030_PANO0012.jpg
【ドローンには横田代まで遠征して貰いました・・・】

DJI_0791_PANO0023.jpg
【新雪を纏ったアヤメ平の樹林帯】

モルゲンロートに輝くアヤメ平を撮影すべく,冷え切ったアヤメの上空にドローンが舞い上がる。
モニターに映るアヤメ平の光景は,見事としか言いようがない。横田代や白尾山にまでドローンを飛行させ,見慣れない風景に見とれた。
何度か撮影しているうちにだんだんと風も強まってきたので,富士見田代で最後の撮影を済ませて一気に下山した。着いた戸倉はアヤメ平の光景が嘘のように暖かな日差しと暖かい空気に包まれていた。

DJI_0805_0023.jpg
【白尾山方面から見た富士見小屋からアヤメ平に続くルート】

DSC00473.jpg
【新雪の上に見られるのは小動物の足跡のみ・・・】

【空撮に当たっては,各種法令を遵守し,関係各所の許認可取得済です。】
nice!(13)  コメント(4) 

第23回NHK「わたしの尾瀬」フォトコンテスト [尾瀬関連]

415A0761.jpg

 今年で23回を数えるNHK「わたしの尾瀬」フォトコンテストの結果が発表されました。
今回も本日届いた郵便で僕自身が入選していることを知りました。
尾瀬仲間が何人か入賞・入選を果たしていました。皆さんおめでとうございます。

今回入選された知り合いの方(発表順)
【風景の部】
[ 銀賞 ] 「祈り」hanami(平居 久美子)さん
[ 入選 ] 「尾瀬に横たふ天の川」Aqua(有馬 雅美)
[ 入選 ] 「初夏爽風」youic(半田 容一)さん
[ 入選 ] 「白日夢」巻島 秀男 さん
【保護の部】
[ 入選 ] 「触れて楽しむ尾瀬の自然」かおる(佐藤 薫)さん

 今回も,オフ会などで御一緒させていただいた方だけを紹介させていただきました。
 僕の写真は4月20日,残雪豊富な大江湿原の上から三本カラマツと銀河を撮った物です。
以前のカメラに比べ高感度に強くなった5Dmk4に超広角をくっつけて天の川を目一杯取り込れてみました。
今年はドローンでの空撮の合間に通常の撮影という感じだったので,どうかと思いましたが,何とか入りました。

 高崎シティギャラリー第2展示室で, 12月14日(金)~19日(水)[午前10時~午後5時,最終日は午後4時]まで今回の入選作品の写真展があります。
尾瀬の仲間や知り合いに会ったり,大伸ばしされた作品を見たりすることができるのでそちらも楽しみにしています。
nice!(18)  コメント(8) 

初冬の稜線を飛ぶ [尾瀬ケ原]

2.jpg
【朝の優しい光が至仏山の山肌を赤く染め,穏やかな一日がスタートする】

山小屋やビジターセンターが次々に営業を終了し,尾瀬のシーズンオフへのカウントダウンもいよいよフィナーレ。鳩待峠や大清水に通じる道も冬季閉鎖で通行止めになる前に一度は尾瀬入りしたい。雪があれば完璧なんだけどなぁ・・・。
週末も好天の予報だし,その前に尾瀬では雪が降りそうな予感・・・。もしかしたらとライブカメラを見ると,待ち兼ねた真っ白な尾瀬が映し出された。こりゃあ行くしかない。雪の状態にもよるが,龍宮旅館に泊まり,尾瀬ヶ原・尾瀬沼を歩きたい。

4.jpg
【柔らかな光と温かい太陽の光に包まれて迎えた至福の朝】

車を鳩待峠まで走らせ,様子を見に行くと,雪は全くと言っていいほどない。鳩待峠でこの状況では尾瀬ヶ原も期待できないだろうな。この状況だと尾瀬沼に向かうべきか・・・。しかし,アネックス泊まりはできる事なら避けたい。しかも,予想以上に天気も悪い。苦渋の選択だが,一旦引き上げるしかなさそうだ。待てば海路の日和あり。

6.jpg
【突然現れた雲が忙しく上空を行き来する・・・】

家に帰り,次々にSNSにアップされる尾瀬の神々しいばかりの眩い映像を見ていると,やはり,家でじっとしてなどいられない・・・。「このままじゃぁ終われない。」 今から行くのなら,雪が確実にある至仏山に登るしかない。そして,光輝く朝の光景を何としても見る。そう思い直して,しっかり仮眠を取り,その時に備えた。

12.jpg
【山頂付近には先日の雪がまだまだ豊富に残っている】

暗闇の中,車を走らせ,再び到着した鳩待峠。停車している車は20台ほど。皆,車の中で休んでいるのだろうか?まだ肩が痛むので,持っていく荷物はなるべく減らしたつもりだったが,背負ってみると意外に重い。ふと,上空を見上げると満天の星空が広がる。「さて,行くか・・・」 。暗い森の中をヘッドライトの明かりを頼りに歩き出す。

14.jpg

すっかり葉を落とした木々の隙間から時々顔を見せるオリオン座や上弦の月に見守られながら高度を稼ぐ。2kmを過ぎた辺りから登山道にも雪が出てきた。所々にある水たまりは雪融け水が凍ったものだ。さらに,木道は雪融け水や氷でコーティングされ,積もるように霜がこびり付いている。それに,至仏山特有の滑りやすい角の取れた蛇紋岩・・・ これでもかというくらいよく滑る。

16.jpg

稜線に出る頃にはライトも要らないくらいに明るくなった。しかし,困った事に風も出てきた。登りで体が温まっているが,気温は相当低い。頬を打つ風は氷で冷やされているかのようだ。
奥白根山の東の空から朝日が顔を出し,やがて赤い光に映し出される自分の影がだんだんと濃くなる。急いで数枚撮影し,先を急ぐ・・・。光が当たるエリアも広がっていく。何とか小至仏山の山頂に着いた。ここに荷物を置いて大休止。やはり山頂付近だと吹き抜ける風はさらに強く,冷たい。

10.jpg

果たしてドローンは飛ばすことは可能なのか? 不安もあったが,テストを兼ねてちょっと離陸・・・。ちょっと機体が風で揺れるが,これぐらいなら何とかなりそうだ。山陰に隠れて風を避けるように飛行させ距離を伸ばすが,ドローンから送られてくる映像を見ていると時々ガクッと映像が揺れる。上空は相当風が強いようだ。無理はできないので早めにドローンでの撮影は終了。

20.jpg

気がつくと快晴だった空に急にたくさんの雲が現れ,激しく行き交い,やがて周囲を多い尽くす。
こんなに急激に天気って変わるものかと思わせるほどの急変ぶり・・・ この状況では眺望の得られない山頂に向かわず,下山する。
もうすぐ鳩待峠という所でてばまるさんに遭遇。SNSの書き込みを見てわざわざここまで来てくれたのだ。
「どぉも,どぉも・・・」このまま,てばまるさんと龍宮旅館に立ち寄り,澄夫さんに今年の最後の挨拶をしてから「カモシカ」で昼食をとってから尾瀬を後にした。

8.jpg

【ドローンでの空撮に当たっては,各種法令を遵守し,関係各所に許認可を頂いています。】
nice!(12)  コメント(2) 

大霜降る晩秋の湿原 【2】 [尾瀬ケ原]

9.jpg
【ドローンでの空撮に当たっては,各種法令を遵守し,関係各所に許認可を頂いています。】
シーズン終盤になると,日の出が6時頃となり,ゆっくり休んでいても撮影に遅れることはない。
それでも冷えた体が温まるとつい寝過ごしてしまう。危ない,危ない・・・
必要な物だけをもって山小屋を出る。木道にはびっしりと霜が降り,滑り止めなしでは歩けない。周囲の木々にも真っ白に霜が降りている。文句の付けようのない完璧な「大霜」だ。
願ってもない光景を目の前にして心が踊る。

1.jpg
【細い枝までびっしり付いた大霜】

ナナカマドの実や枯れてしまった小さな枝も真っ白な霜の飾りを纏って一気に華やいでいる。
前日ただの枯野原だった湿原が,神秘的かつ幻想的な光景に包まれる。「心洗われる光景」という言葉はこういう光景を言うのだろう。

2.jpg

3.jpg

雲一つない空が徐々に明るくなる頃,湿原に淀んでいた朝靄が流れ,周囲をゆっくり漂う。
そして,赤い光が至仏山や景鶴山の山頂から湿原へと時間をかけて降りてくる様子が,朝靄のベールを通して確認できる。

4.jpg

取り敢えずこの光景を何枚か写真に収めたら,直ぐにドローンで空撮だ。
ザックに付いた簡易気温計を見ると-6℃。この温度でドローンの電池は大丈夫なのか?ドローンのレンズは霜で曇ることはないのか?一抹の不安を抱えながらドローンは離陸した。上空から見るとかなり広い範囲が大霜に覆われている。

5.jpg

6.jpg

大きなカラマツもその先端まで真っ白だ。
そして,朝靄の漂うエリアにドローンを向かわせると,期待通り下半分半円の白い虹が現れた。
白い虹は朝靄と日光さえあればいつでも撮影できるのだろう。

7.jpg

しかし,大霜がやはり一番綺麗なのは地上の近くである。地表近くが水分が多く霜が付きやすいしはっきり見えるが,上空からだと,全体的に白っぽくなった草紅葉の湿原という感じでやや神秘性が薄れる感じがする。
空撮では,長時間撮影しても電池を暖めたのが良かったのか電池に関するエラーも霜による曇りもなく一通り撮影できた。

8.jpg

しかし,この間地上では,朝の光に照らされた湿原ではたくさんの木々や草に付いた大量の霜が時間と共にどんどん落ちていく・・・。空撮もしたいし,地上でもじっくり撮りたい。どちらを優先すべきか悩みながら,慌ただしく撮影を行う。

10.jpg

魔法が解けたかのように,神秘的な光景から徐々に晩秋の見慣れた光景に変わっていく・・・
そんな季節と時間の移ろいを感じながら小屋に戻って遅い朝食となる・・・ m(_ _)m

11.jpg

前回置いてきたザックに全ての物を詰め込むと結構重い。果たして背負うことは可能かちょっと心配だったが,何とか持つことができた。これなら持って帰れそうだ・・・ 場合によっては寄っていこうと思っていった尾瀬沼は当然ながら諦め,まっすぐに帰ることにした。
しかし,歩いていると荷物の重さで肩が圧迫されるせいか,右手が痺れる。

12.jpg

そのたび毎にゆっくりゆっくりあちこちのベンチで休んでは,秋の日差しを浴び,乾いた秋の風を体で感じながら間もなくシーズンを終える尾瀬歩きを楽しんだ。

15.jpg
nice!(15)  コメント(2) 

大霜降る晩秋の湿原 【1】 [尾瀬ケ原]

1.jpg
【しんしんと冷える夜,ゆっくりと霜が降りていく・・・】

前回の尾瀬で肩を脱臼し,荷物を山小屋に預けて帰宅した。尾瀬ではあちこちの山小屋も今年の営業を終え,シーズンもいよいよ終わろうとしている。小屋の営業が終わる前に預けて置いた荷物を取りに行かなくては・・・

ケガの具合は順調に回復し,痛みも治まってきたが,ここでまた転んでは元も子もない。できることならなるべく天気の良い日に行こうと思い,天気予報を確認してベストと思える日に出かけた。
雲一つない完璧な青空が広がる鳩待峠。カメラや三脚のないザックの何と軽いことか・・・。 毎回これなら尾瀬歩きも相当楽しめるのだが・・・。

3.jpg

4.jpg

昼に近いため,濡れていた木道も乾き,歩きやすかったが,やはり,森の中や階段は慎重にならずにはいられない。前回ケガをしてから僅か2週間。そう簡単にあの時の痛みは頭から消えない。
紅葉していた葉もほとんど落ち,明るくなった森を一歩一歩ゆっくりと下る。

6.jpg

通常よりも時間をかけて山の鼻に到着。荷物も軽いし,天気もいいのでもっと早く着きそうなものだが・・・ 
前回は見渡す木々が真っ赤に染まり,正に紅葉の最盛期といった感じだったが,周囲の山々の紅葉ほとんど終わり,尾瀬の秋の最後を飾るカラマツの黄葉がちょうど見頃を迎えようとしていた。
さらに,遠くに響く鹿のラッティングコール,湿原を吹き抜ける乾いた風・・・ 湿原は一気に晩秋の装いに変わっていた。

5.jpg

龍宮小屋に着き,預けた荷物の整理も一段落。この日の宿泊者の中にFacebookで知り合ったYさんやこの時期いつも長期滞在するTさんと談笑して楽しい時間を過ごす。
夕焼けも期待したが,完璧すぎる空には最後の最後までほとんど雲が現れることはなく,夕焼けは望むべくもなかった。

7.jpg

これなら・・・と月白虹や星景写真撮影の期待も高まる。
そして,消灯前に月夜の撮影を試みたが,その時は月も高い上,夜霧もそれほど出ていなかったのでちょっと物足りなかった。

8.jpg

午前3時前に起き出し,外の様子を眺めるとちょうど月が低い位置にあって間もなく沈もうとしていた。さっきよりも条件が良さそうなので,カメラを持ち出して1時間程度撮影をする。
ちょっと体も冷えたし,疲れたので中休みに,一旦小屋に戻る。この時,既にかなり霜が降りていて,木道はツルツルとよく滑る。サンダル履きで出てきたことが悔やまれた。

9.jpg

10.jpg
【月が沈んだ後の空にはオリオン座が・・・ この日はオリオン座流星群が少しだけ見れました。】
nice!(12)  コメント(0) 
前の5件 | -