So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

光と水が作る風景【2】 [尾瀬ケ原]

0.jpg
【 ↑↑↑↑↑ 上空を覆っていた低い雲が朝陽に染められ真っ赤に燃え上がった ↑↑↑↑↑ 】

昨夜は,月が沈む頃に外の様子を確認すると,草むらからはあちこちで虫の声が響き,空には大きな月暈がかかっていた。
気温もかなり下がっており,昨日,8月としての最低気温を記録したのも頷ける。
星の撮影は諦めざるを得なかったが朝靄が出ていたので,明日の朝に期待して早めに寝ることにした。

2.jpg
【 ↑↑↑↑↑ 雲の隙間から朝陽が漏れ出す。太陽が昇る位置も随分南に移動した。 ↑↑↑↑↑ 】

4時に起床して,下の大堀付近に向かう。上空は多くの雲に覆われ,朝靄も少なめだ。
東の空には黒い雲が居座り続けており,期待していた白虹は今回は無理だろうなと思っていたが,日の出の時刻になるまでは雲もだんだん薄くなり,隙間が広がった。

4.jpg
【 ↑↑↑↑↑ 地上3mから見る白虹 ↑↑↑↑↑ 】

6.jpg
【 ↑↑↑↑↑ さらに上空から見ると白虹は円形に・・・ ↑↑↑↑↑ 】

その隙間から漏れた光が上空を覆っていた雲を茜色に染め上げていく。このところ朝焼けや夕焼けを見るチャンスに恵まれているが,その中でも上位に位置する見事さだ。さらに,日の出の時刻になると,東の空から湿原に光があふれ出した。
ひょっとするとと思い,白虹のを確認するとやはり出ていました・・・お目当ての白虹が。

8.jpg
【 ↑↑↑↑↑ 龍宮小屋付近の湿原に広がる指紋状地形 ↑↑↑↑↑ 】

ドローンによる空撮をしようと急いで準備をして飛行開始。
今回の朝靄は下の大堀・イモリ池上空に偏っているのでそこを中心に撮影した。
朝靄はやや薄いが,朝靄を通して至仏山や湿原が見えるので寧ろ好都合だ。
それほど長い時間ではなかったが,撮りたかった白虹を撮影してゆっくり朝食を味わう。

10.jpg
【 ↑↑↑↑↑ ヤマドリゼンマイも少しずつ色づいてきました ↑↑↑↑↑ 】

12.jpg
【 ↑↑↑↑↑ 秋風に揺れるダケカンバ ↑↑↑↑↑ 】

その後,龍宮小屋でのんびりしてヨッピ経由で帰宅した。
午後は近づいている台風の影響か,風も強まってきたのでドローンでの撮影はできなかった。
途中,Facebookの友達繋がりで新しい出会いもあった。尾瀬の秋の始まりと尾瀬人との繋がりを実感した今回の尾瀬だった。

14.jpg
【 ↑↑↑↑↑ ちょうど見頃だったアケボノソウ ↑↑↑↑↑ 】

16.jpg
【 ↑↑↑↑↑ ツルニンジンは愛嬌のある面白い形をしています ↑↑↑↑↑ 】

【ドローンでの空撮に当たっては,各種法蓮を遵守し,関係各所に許認可を頂いています。】
nice!(19)  コメント(0) 

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。