So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
尾瀬ケ原 ブログトップ
前の5件 | -

「白虹」空撮の動画UP [尾瀬ケ原]

先日,至仏山と尾瀬ヶ原を歩いてきた時に撮影した空撮の動画をパノラマをまとめました。
特に印象的だった「白虹の空撮」をまとめましたが,至仏山の動画はそれほど良くないので今回はお蔵入りです。
朝靄漂う尾瀬ヶ原に架かる大きな白虹の上空の様子を御覧ください。

動画は,再生時に出現する歯車アイコンをクリックし「1080P」または「720P」を選び全画面表示で,360°画像も「THETA」の文字をクリックしてから,全画面表示で御覧ください。
【ドローンでの空撮に当たり,関係各所に許認可を頂いて撮影しています。】


【 ↑↑↑ 尾瀬ヶ原に現れた大きな白虹。その朝の様子を上空から ↑↑↑】

緑の湿原(尾瀬ヶ原・初夏)

【 ↑↑↑ 中田代ヨッピ橋付近の上空からの様子です ↑↑↑ 】
nice!(21)  コメント(2) 

白虹空撮 [尾瀬ケ原]

0.jpg
【白虹を上空から見ると中央部分はブロッケン現象,周囲は大きな逆半円の白虹になるようだ】

 この夜は月白虹も出たようだが,月夜だからと早々に星の撮影を諦め,4時頃までぐっすり寝てしまった。昨日,雲の多かった空もスッキリ晴れ,朝靄もしっかり出ている。これなら待望の白虹に会えるかも知れない・・・。

1.jpg
【白虹を少しだけ上空から・・・】

朝食はとらずに上田代に向かうと,逆さ燧の池が近くなるにつれ,朝靄に浮かぶ人の影が多くなる。しかし,上田代付近は朝靄がそれほど濃くない。

2.jpg
【ドローンの35ミリメートル換算24mmレンズ(35mm換算)では全景は収まらない】

 ここでは白虹との対面は叶わないだろうと判断して中田代に向かう。朝靄の動きを統計的に見てみると,中田代付近は朝靄の量が多い上,遅くまで残っている。龍宮付近で白虹の目撃情報が多いのは,その朝靄の動きと湿原に朝日が差す時間が,絶妙なタイミングでシンクロしているからだろう。できることなら条件のいいところで・・・と歩いて行くと,どんどんと朝靄は濃くなるが周囲が明るくなってくる。

3.jpg
【激しく動く朝靄に浮かぶ燧ヶ岳】

 ベンチに荷物を下ろし,その時を待っていると,光は差さないものの,至仏山側に薄く白いアーチらしきものがぼんやりと見え始めた。間もなくはっきりした白虹が出る・・・。そう確信して,ドローンの出発準備をしていると,待望のくっきりとした大きな白虹が目前に現れた。この時を待っていた・・・。願ってもないこの時間を無駄にしないように,急いでドローンを上げる。

4.jpg
【朝靄の隙間から緑の湿原が見える】

 朝靄の上空に出ると,モニターには雲海に浮かぶ燧ヶ岳や朝靄に覆われた尾瀬ヶ原が見える。周囲の様子を撮影したり,スチルを撮影したりしていると,突然「モーター異常」の警告が出る。暫く朝靄の中を飛び,モーターが濡れてしまったのが原因かも知れない。確かにモーター音も普段聞き慣れない音を発していたので,心配になって一旦着陸させて機体をチェックした。

6.jpg
【トキソウ】

7.jpg
【ホソバノキソチドリ】

 その間も,白い虹はずっと出続けている。イチデジで写真を撮る余裕は全くなく,再びドローンを上げる。先ほどの教訓から,今度はできるだけ早く機体を朝靄の上空に上げてみる。パノラマ撮影の間,地上でも静止画の撮影をするなど慌ただしく動き回る。

8.jpg
【ヤマドリゼンマイの道】

 そのパノラマ撮影が何故かうまく機能しない。地上が朝靄でぼんやりしているため,ソフト的に写真の接続がうまくできないようだ。朝靄が薄くなった時に何回かチャレンジしてやっと成功・・・。上空での試行錯誤が長時間続いたが,その間20分以上,ずっと白虹は出続けた。

9.jpg
【ヤマドリゼンマイ群落】

 今回の尾瀬の最優先事項だった白虹の撮影を終え,ホッと一息。朝靄の消えた散歩道をゆっくり歩いて,龍宮小屋に。小屋主さんからコーヒーを頂き,朝食を終えて次々に小屋を後にする人を見送る。その中に1年ぶりに会う巻島さんの顔もあった。

11.jpg
【今年はヒオウギアヤメ,カキツバタが超当たり年。あちこちに群落ができていた。】

 小屋主さんに話を聞くと,今日の白虹は龍宮十字路付近よりも,僕がいた場所の方が条件的に良かったようだ。荷物を預かってもらい,身軽になって尾瀬ヶ原の散策に出た。ヤマスタのスタンプラリーに参加するため,見晴,元湯山荘,東電小屋,ヨッピ橋でチェックインし,のんびりと花を愛でながら龍宮小屋に戻る。

12.jpg
【午後になると夏特有の入道雲がたくさん現れた】

 その後も,空撮を楽しみながら鳩待峠に戻った。今回天候や条件に恵まれ,目論見通り,至仏山・白虹の空撮が実現でき,心に残る尾瀬歩きだった。

【ドローンでの空撮に当たり,関係各所に許認可を頂いて撮影しています。】
nice!(28)  コメント(2) 

梅雨の晴れ間に・・・ 【2】 [尾瀬ケ原]

00ミツガシワ.jpg

それほど寒くもなかったので,部屋のカーテンを開け,星空を見ながら寝た。
暫くは星空撮影ができない条件ではなかったが,やる気スイッチが入らずぼんやりしていたら,徐々に薄い雲のベールに覆われて星が滲むようになった・・・。自分自身に撮影に行かない口実ができ,明るくなるまで部屋でゆっくりした。

2クルマバソウ.jpg

3時30分に起床。小屋の女将さんが見送られ,燧小屋を後にする。いつもなら撮影後,小屋に戻って食事をするパターンだが,今回は勝手が違う。

5エゾムラサキ.jpg

上空は薄い雲に覆われているが一部には青空も見える。中田代の辺りはこの天気にもかかわらず朝靄が立ちこめていた。この朝靄に誘われるように龍宮に向かう。ひょっとすると白虹が出るかもという淡い期待を抱きながら・・・。朝靄が消える前に上空から空撮したいと思い,沼尻川の東側にあるテラスからドローンを飛ばす。

6ズミ.jpg

朝靄が時間と共に薄くなったり濃くなったりしながら移動する様は幻想的で,見ているだけでも飽きない。でも,やはり光がないと面白みに欠ける。バッテリー2本分撮影して空撮は終了。

7タカネバラ.jpg

尾瀬ヶ原全体のワタスゲやヤマドリゼンマイの様子を確認したくて,尾瀬ヶ原を半周して見晴に戻る。てばまるさんの情報通り東電尾瀬橋手前の湿原では,コバイケイソウとレンゲツツジの競演が見られた。そのどちらも今年は当たり年のようだが,ワタスゲはそれほど多くなかった。

DSC09205.jpg

見晴から再度同じ道を辿り龍宮小屋へ。コーヒーを頂きながら小屋主さんと談笑。ちょうど端境期で登山者は少なめだが,昨日は団体客が入ったため忙しかったようだ。

9オゼヌマタイゲキ.jpg

天気はあまり良くならないので,花の撮影をしながらゆっくりと山の鼻に向かう。ちょうど昼どきだったので,仲間内で話題になっている山の鼻小屋名物の「カツ丼」を頂く。こりゃあ確実にカロリーオーバーだなぁ。その後,中からともさんが来てくれたのでしばらく談笑後,雲行きが怪しくなってきたので雨が降る前に急いで帰路についた。

11ウラジロヨウラク.jpg

12.jpg
nice!(25)  コメント(4) 

新緑眩い尾瀬を翔る【4】 [尾瀬ケ原]

新緑の尾瀬の空撮・・・ 「尾瀬ヶ原編」です。
早朝の朝靄の尾瀬ヶ原と平滑(ひらなめ)の滝,三条の滝の空撮をまとめました。
11分程度にまとめましたので,お時間のある時にでもご覧ください。
【ドローンで空撮するに当たっては,関係各所に許認可を頂いた上で撮影しております。】


【5/20夕方~翌日の朝の尾瀬ヶ原と2つの滝の動画です】

三条の滝上空からの空撮です - Spherical Image - RICOH THETA


【三条の滝の360°パノラマです】
nice!(18)  コメント(0) 

新緑眩い尾瀬を翔る【2】 [尾瀬ケ原]

11.jpg
【この時期の滝は雪融け水が大量に流れ込み迫力満点!】

【ドローンで空撮するにあたっては,関係各所で許認可を頂いてから撮影をしております。】

5月21日(曇りのち晴れ)
 今回も条件が良ければ星空の撮影もと考えたが,月が沈む深夜に空を確認すると,薄い雲に覆われ見える星も少ない上,湿原は霧に包まれている。星の撮影は諦め,明朝の白虹の登場を期待して休むことにした。

00.jpg
【もしかして・・・ 淡い期待を抱いたが,暫く曇り空が続いた】

 上空は薄いベールがかかり朝靄が漂うような状況が続くが,必要な機材を持って下田代に向かう。東の空は雲に覆われたままだが低い雲が徐々に色づき始めやがて最高潮に・・・。少しだけ漂う朝靄も上空の色を映して茜色に染まった・・・が良かったのはこの時まで。

0.jpg
【超定番ポイント傍のミズバショウ群落も見頃を迎えていた】

 太陽が昇る時間になっても一向に雲が切れる気配はなく,時間だけが空しく過ぎる。定番ポイントから離陸したドローンも僅かに残った朝靄を求めて右往左往するばかり。その朝靄もほとんど消え,変化のない風景に変わってしまったので龍宮小屋に戻り,時間に追われずゆっくりと朝食をとった。

2.jpg
【朝靄の尾瀬ヶ原をただあてもなくフリーフライト・・・ (^ ^;】

 今回の宿泊客は自分を含め6名程度。皆,早めに出発するが,たもあみさん夫妻と小屋主さんでコーヒーを飲み,天気の回復を待ちながらミニオフ。撮影に追われずのんびりと時間が過ぎる・・・。徐々に空も明るくなり,青空も見えてきたので出発することにした。そういえば尾瀬入りしたというyouicさんには会えなかったが何処に?。東電小屋に向かっていると,上空を覆っていた薄い雲も取れ,すっきりと晴れ上がった。東電小屋の神嵜さんに挨拶をしてから,トガクシショウマを見に行く・・・。今年は例年より時期は早いが,いつもの所でひっそりと待っていてくれた。

DJI_0323pano.jpg
【崖を滑るように流れる平滑の滝。下からでは全容がよく分からないけれど・・・】

 念願の花と再会を果たし,次はいよいよ滝の空撮だ~。この時期は雪融け水が多いから迫力もある。
 まず平滑の滝・・・。この滝は,斜面を這うように流れ落ちる滝のため,登山道からではその全容が分かりにくい。GPSで位置を確認して離陸・・・。只見川を行ったり来たりしながら撮影を続けるものの,ちゃんと戻ってくるのか気になって,撮影に身が入らない。最後は機体を見失い,ちょっとバタバタしてしまった。結局,ただ飛ばしただけで大きな成果は得られなかった。三条の滝でも同様で,途中でSDカードがいっぱいになってしまったり,設定を間違えたりするなど,普段ではしないようなミスが目立った。もっと落ち着いて撮影せねば・・・。

4.jpg
【そして,今回の最大の目的三条の滝空撮・・・】

 それでも,取り敢えず今回の目的は何とか達成できた安心感でちょっとほっと一息。遅い昼食をとる。あとは御池に向けて,誰にも会うことのない燧裏林道を黙々と歩き,陽が落ちる前に何とか御池に着くことができた。

龍宮小屋~ヨッピ橋~東電小屋~温泉小屋~平滑の滝~三条の滝~天神田代~御池
(39,192歩)
nice!(14)  コメント(2) 
前の5件 | - 尾瀬ケ原 ブログトップ